佐藤行俊の渋谷放浪記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shibuya.areablog.jp/yukitoshi_kato

資格を取得する為に必要な事

高齢化社会となり、介護福祉が必要不可欠になってきた日本社会ですが、そんな中でも国家資格の会合の資格は一つしかりません。それは介護福祉士です。2007年に改定され、資格を取得することが少し難しくなりました。学校に通う、資格を取得する場合には公正労働大臣が指定する施設つまり専門学校が大学で 2年以上を勉強して卒業すれば自動的に介護福祉士の資格を取得することができます。通信教育で自宅に居ながら資格を取得する人がいますが、この前は国家試験に受かった後も 3年以上の実務経験を積まなくてはなりません。今は改定された後なので実務経験が終わった後でも養成施設で600時間以上の研修を受けなくては国家試験を手にすることはできないのです。このように以前と比べて狭き門になっているので、学生のうちから介護の道を選ぶ人は専門の学校に通った方がより資格を取得しやすいです。自宅に居ながら取得することもできますが、かなりの時間の勉強時間が必要になるので国家試験を手にするためには覚悟が必要になります。仕事しながら取得をする人もいます。

具体的な業務内容

介護福祉士は施設が働く場合は、老人ホームやデイサービスなどで、そこに入っているお年寄りの食事の世話を行ったり、入浴のお手伝いをしたり、入浴ができない寝たきりの方には体を拭いて床擦れを防止したり。さらに、寝たきりの老人を車いすに乗せるお手伝いをしたり、トイレが一人でできない人は介助してあげたりなど…。 それから施設では毎月レクレーションなどがありますのでレクレーションの準備をしたり、施設の仕事もこなしたりします。それと同時に介護福祉士は老人のリハビリのお手伝いもするので、頭も使うし体もフルに使うやりがいのある仕事といえます。 訪問介護で働く場合には、お風呂のお手伝いはもちろん、トイレの介助、それから部屋の掃除や、買い物に行けない老人に代わって買い物をしてきたりします。やってることは同じですが訪問介護と施設勤務では微妙に仕事の内容が違ってきます。介護福祉士は自宅勤務の場合は主に家事の手伝いが入ってくるので、女性がする場合が多いです。老人も男性よりも女性に来てもらいたいと言う場合もあるので需要があります。 ハイパーマーケティングホールディングス


資格
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shibuya.areablog.jp/blog/1000160200/p11362076c.html
資格 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
生まれも育ちも渋谷。ついでに働いている会社も渋谷。自称・渋谷を知り尽くした男・佐藤行俊が世界の中心・渋谷をご紹介いたします。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 20 4109
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック