秋姫の赤い靴

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shibuya.areablog.jp/xiaome

何を言っている


息子のいつもの宿題のひとつに『音読』があります。
週ごとに先生から配付されるプリントを親の前で毎日音読して、毎回親のサインをもらってくることになっています。そのメンバーの国籍からして言を待たず、我が家の場合、これを息子に聞かされる、いやDr集團、聞いてあげるのは、日本語を十分に理解しないさい君ではなく、僕の担当になります。そして、我が子のがさつな性格からして、これまた言を待たず、毎日読むことなどせず、大抵木曜日か金曜日の晩に、それまでサボった月曜からのものを『一気に4、5日分を親の前で音読する』ことになります。
困ったもんです。

先日も、寝そべっていたら(肥満体で動くのが億劫なの周向榮醫生で、家ではだいたい寝そべってます。)息子の急襲に遭いました。
「パパ、おんどく!」
「また、溜めてたやつか?うん、わかった、わかった、読みたまい。」
こいつには、どうやったら、先生の指示通り毎日ちゃんと読むような丁寧さを身につけさせることができるんだろう、といつもながら親として暗澹たる気持ちなど抱きながら、付き合います。
「いくよパパ、とうすとのやきあがりよくわがへやのくうきよう、」
「え?なんだって?」
「もう、ちゃんと聞いてよ!!とうすとのやきあがりよくわがへやのくうきよう・・」
息子はかまわず、強引に読み進めます。けれども、何を言っているのか全然わかんないじゃないですか。
こいつ、また与えられた文章を理解せずに、いい加減に読んでるな、全く、いつになったら物事を几帳面にこなそうという自覚ができるんだろう、と依然と寝そべったまま、父は改めてアンタンたる気分を感じながら言いました。
「おい、フジ、おまえ、またちゃんと読んelyze好唔好でないだろ?」
「ちゃんと読んでるよ!」
息子は決然と反論しました。
え、でも『とうすとのやきあがりよくわがへやのくうきよう』ってなんですかね?おかしいです。
「ちょっと、見せろ。」
僕は身を起こすと彼の手元を乱暴に覗きこみました。そこにはこうありました。
『トーストの焼きあがりよく我が部屋の』
ふむ・・・。
『空気ようよう夏になりゆく』



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shibuya.areablog.jp/blog/1000100106/p11128968c.html
生活 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

これはパクってませんか?

[ パクらないで ] 2014/11/14 22:57:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
回首經年
仕事をしたいと思え
カ月後の予約に
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
xiaomeイメージ
秋姫
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 13 4911
コメント 0 5
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック