笹塚指圧教室

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shibuya.areablog.jp/sasazuka

若年女性のやせ傾向

指圧をボラン ティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!
メール指圧講座期間限定、講座代を緊急割引中!


何時の時代にもヤセ願望の強い女性がいる限り、ダイエットのネタは尽きないものです。インタネット上でも数え切れない程のダイエット方法が紹介されたり、ダイエット食品などが販売されています。


勿論、過度の肥満を抱える方には一時的なダイエットも必要でしょうが、日本の状況はそれ程肥満を気にしなくてもいい若い女性がこぞって、ダイエット、ダイエットと言って無理にヤセようとしているのが目につきます。


テレビや雑誌、書籍などあらゆるマスコミを通じてダイエット情報が溢れかえっているのは異常な状況と言えます。こうした現状の中、下記のような報道(「Yahooニュース」)が目につきました。


ーー引用はここからーー

日本成人病(生活習慣病)学会の学術集会が1月15、16の両日、東京都内で開かれた。この中で、筑波大大学院の曽根博仁教授(内分泌代謝・糖尿病内科) が、日本の若年女性の「やせ」傾向について講演。


過度のやせが本人の健康障害に加え、低出生体重児の増加にも関連していることを強調し、「若い女性のやせ過ぎは、肥満と同様、国民の健康に対する脅威となりつつある」と警鐘を鳴らした。


曽根教授は、厚生労働省の国民健康・栄養調査などを基に分析した日本人のBMIの推移について解説。全体としては中年男性層を中心に肥満 (BMI≧25)が増えているのに対し、女性では18歳ごろから20歳代にかけてBMIが減少に転じ、やせ(BMI<18.5)の傾向が顕著になっ ていることを説明した。


この傾向は1970年代から見られるようになっており、曽根教授は「世界でも特異な日本特有の現象。生理学的に不自然な傾向だ」と懸念を示した。


その上で、若年女性のやせがもたらす悪影響について、骨粗鬆症の発症リスクや総死亡リスクの上昇のほか、将来の生活習慣病の発症リスクが高いとされる低出生体重児(2500グラム未満)の増加などを挙げた。


さらに、やせ願望を持つこと自体にも、自己評価の低下やうつ傾向、過食などを招きやすいといった危険性がはらむと指摘。


中高生のやせ願望には、メディアだけでなく、自身の体形に不満がある「やせ志向」の母親の影響が見られるとの研究データを紹介し、「母子双方に対する保健指導が重要ではないか」とした。


曽根教授は今後、日本で特にやせ志向が強い文化的背景、やせの若年女性の食習慣なども明らかにした上で、その成果に基づいた食育を推進する必要性に言及。


「若年女性のやせをファッションとのみ見るのではなく、医療的な問題として、われわれ医療者が情報発信していかなくてはならない」と強調した。


ーー引用はここまでーー



要するに、ヤセ過ぎの若い女性たちが増えていると言うことです。女性でも男性でも、ちょっとふっくらした感じの方が傍から見ても、ふくよかに見えて、安心感を与えるものです。


ヤセ過ぎの女性の場合は、時によっては病的に見えたりしますし、何となく貧相にも見えます。脇から見ていますと、何か不安感のようなものを感じます。


ヤセていることが美しく見えると考えるのは、ちょっと違うように思います。美しいと言うのは、見た目だけでなく、心身共に健康であることが先決です。

 


マスコミや業者の宣伝や広告を鵜呑みにしないで、若い内は確りと食べて、その分、十分に身体を動かすことが一番ではないかと思います。


上記で指摘されているように、ヤセ過ぎは心身の健康に悪影響を与えるだけで、何もメリットはないと言うことを認識する必要があるのではないでしょうか。


特に若い女性自身が自覚することが何よりですが、周りの家族も気をつけて見守ることが大事ではないでしょうか。


ヤセたい、痩せたいと想う心の中には、何らかの鬱積感情が溜まっているものです。先ずは家族が仲良く、楽しく生活することが大切です。家族の繋がりが強いと、お互いの愛念によって過食や、ヤセ過ぎになるような者は出てこないと思います。


ヤセ過ぎの女性が増えた原因の一つに、こうした家族間の問題が潜んでいるように思えてなりません。


=>「指圧治療」を希望される方はこちらから!

=>「指圧講座」の案内はこちら!


きむら指圧研究所
東京都渋谷区1-48-19-713
☎03-3485-4515
http://www.shiatsu-k.com/

=>Googleマップ




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shibuya.areablog.jp/blog/1000031122/p10486710c.html
健康・病気 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
健康オタクは健康か?
霊媒体質の男性
ガンコは病気の元?
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
yamatoイメージ
指圧は「愛の手当て」です。母親が子どもを無償の愛で育てるように、指圧も相手の弱っているところに、そっと手を差し伸べるように、思いやりの心で行います。指圧は肩こりや、腰痛のような肉体的な症状だけでなく、震災などでショックを受けた方や、心身の不調を訴える方にも最適です。
こちらでは、治療効果の高い指圧の治療と、その指圧が個人指導で学べる指圧講座などを中心にお伝えしています。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 12 94407
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[旭川] カームのささやき

最新のコメント


外苑東クリニック
東京 人間ドック