笹塚指圧教室

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shibuya.areablog.jp/sasazuka

霊媒体質の男性

指圧をボラン ティア活動に生かそう!指圧講座の授業料を特別割引中!
メール指圧講座期間限定、講座代を緊急割引中!


先日、初めての方からメールがあり、指圧の治療を受けたいとのことでした。丁度、昼頃時間が空いていましたので、その時間にお出で下さいと返事をしておいたんです。

すると、その時間に来ると言われたので、何時ものように駅に迎えに行こうと準備して待っていたんです。ところが、予約時間の少し前に直接訪ねて来られたんです。


聞きましたら、一つ隣の駅近辺に住んでいるとのことで、直接訪ねてくることに問題が無かったとのことでした。唯、一見して無口で暗い感じの男性だなと思ったんです。

実際、治療を始めても殆ど口を利かなかったんです。所が、横向きで治療を続けている時に急に、何度も咳き込んだんです。で、大丈夫ですかと聞きましたら、その咳き込みに本人も驚いている様子でした。

ですから、わたしが、それは身体の悪いものが出て行っているんですよ、と話して上げたんです。するとそれを機会に急に饒舌に喋りだしたんですよ。



その内容を詳しくは思い出せませんが、特に霊的なことに関心を持っているようでした。何でも神社の奥にまで入って行くと必ず何かに憑かれたようになって、身体が重くなったり、誰かが喋っているように感じたりするんだ、と言っていました。

だから、最近は神社には寄りつかないようにしているとも言っていました。そういう話が出ましたので、わたしも、そのような状態になるのは、助けを求める霊が憑いたり、自分と同じような低い波動の者が憑いたりするんですよ、と話したんです。

世間でも、霊が憑いたとか、憑かれたとか大げさに言う方がありますが、大概は自分が出している波動と同調した者達が寄ってきているということが多いものです。



余程、その人が光り輝いていて、その光に釣られて助けて欲しいと思って憑いて来る者もいますが、その場合はその人の高い波動に触れて即座に霊達は離れて行くはずです。

何時までも身体が重かったり、気分が優れないというのは、自分自身が同じような低い波動を発しているからと言わざるを得ません。

話がちょっとそれましたが、この男性から話を聞く内に、彼の両親が離婚していることが分かりました。彼が幼児の頃だったらしく、その後は母親一人に育てられたそうです。



その為に、父親に対する情愛は全然感じないと言っていました。両親は既に他界しているようなんですが、どちらかと言いますと、父親を許せないような感情を持っていることが分かりました。

でも、彼は自分流に両親の供養の真似事もしているらしいことも分かりました。紙に両親の名前と先祖代々の霊位と書いたものを置いて、線香と水をあげているとのことでした。

ただ、それは飽くまでも形だけで、両親やご先祖様に感謝するというのではありません。でもねぇ、そうしたことでもやっていることは、やはりご先祖様方が供養を望んでいるからではないかと思います。



ですから、ちゃんと黒塗りの位牌を作って真剣に供養をした方がいいと勧めたんです。で、供養の基本はご先祖様に感謝することなんですよ、と話しましたら、自分は感謝など一度もしたことがない、と言うんですよ。

それどころか、今年は詐欺にあったり、肩を脱臼したりと、悪いことばかり起こって来るので、感謝どころか、何でこんなことになるのかと恨んでばかりいました、ということなんですよ。

なるほど、それでは周りの低い波動の霊波を受けて自分の身体も重くなっても仕方が無いなと思わされました。波長同調性の法則によって自分が出している波動と同じものを引き寄せるのは、当然ですからねぇ。



それから彼が霊媒体質だと感じたのは、うつ伏せで背部から腰に掛けて治療をしていた時に、急に腰が痛くなったといって苦しみだしたんです。

本人も何がどうなったのか分からないという状態でしたが、その内に泣き声になって腰が痛い、腰が痛いと言いだしましたので、腰に手を当てたまま、この者に憑いている者、と呼びだしてみました。

すると、良くは聞き取れませんでしたが、誰かが、この者をここに寄こしたのは自分だ、というようなことを喋りながら、腰が痛いと訴えてきたんです。



多分、ご先祖を始め大勢の憑いている者達の中で、腰が痛くて苦しんでいた者が来ていたようです。ですから、何時までもこの人に憑いていたらいけないと諭したんです。

暫くしてから、ご本人も腰が痛いとは言わなくなりました。そんなこんなで、指圧の全身治療を終えたんですが、わたしの治療が不思議だと言っていましたよ。

そんなに強く押していないのに、憑いている者が浄化されるんですねぇと、何か狐につままれたような表情をしていました。



帰り際にも、位牌を作った方がいいんですねと聞いてきましたので、それが大事だよと返事をしましたら、急に涙ぐんでハンカチで目頭を押さえていました。そして、今日は面白い体験をさせていただきました、と笑顔で帰っていかれたんです。

今までの例から、こうした方は2度と来られないことが多いんです、残念ですがね。もし、継続して治療に来られれば、ご先祖様方も喜ばれるんですがね。こればかりは強制できませんからねぇ・・・。



=>「指圧治療」を希望される方はこちらから!

=>「指圧講座」の案内はこちら!


きむら指圧研究所
東京都渋谷区1-48-19-713
☎03-3485-4515
http://www.shiatsu-k.com/

=>Googleマップ







霊媒体質
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shibuya.areablog.jp/blog/1000031122/p10935306c.html
健康・病気 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
健康オタクは健康か?
若年女性のやせ傾向
ガンコは病気の元?
前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
yamatoイメージ
指圧は「愛の手当て」です。母親が子どもを無償の愛で育てるように、指圧も相手の弱っているところに、そっと手を差し伸べるように、思いやりの心で行います。指圧は肩こりや、腰痛のような肉体的な症状だけでなく、震災などでショックを受けた方や、心身の不調を訴える方にも最適です。
こちらでは、治療効果の高い指圧の治療と、その指圧が個人指導で学べる指圧講座などを中心にお伝えしています。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 20 94415
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[旭川] カームのささやき

最新のコメント


外苑東クリニック
東京 人間ドック